【2019最新版】実際試して分かった!宅録にYetiとSnowballのマイクが個人的におすすめな理由3つ!

今日は動画配信やYouTubeを始める人におすすめのマイク、Blue ブルーのYeti イエティとSnowball スノーボールが、個人的におすすめな理由と、それぞれの使い方を紹介します。

YouTubeや動画配信を始めたいけど、どのマイクを使ったらいいか迷っていませんか?または、「以前手頃な価格のマイクを買ってみたけど、音質の悪さが気になっている。」「とはいえ5万も10万もする本格的なマイクには手が出ない。」という人も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、Blue Microphones ブルーのYeti イエティSnowball スノーボールのマイクです。

この記事を読むと、宅録USBマイクの世界No.1ブランド、Blue Microphones ブルーマイクロフォンのYeti イエティとSnowball スノーボール>が、なぜ動画配信やYouTubeを始める人におすすめなのか、を知ることができます。またYeti イエティとSnowball スノーボールの基本的な使い方についても簡単紹介したいと思います。

なぜ、動画配信やYouTubeを始める人にYeti イエティとSnowball スノーボールのマイクがおすすめなのか

私が某動画学習サービスの講師サポーターとして活動していた際、講師の1番人気のマイクが、ブルー社のYeti イエティSnowball スノーボールでした。実際にある講師の方が、iPhoneに付属しているマイク付きイヤホンから、Yetiのマイクに変えたところ、音声が劇的に改善し、ノイズがほぼ入らなくなりました。また、実際私も先日スノーボールを手に入れたのですが、半年ほど前に約3,000円でAmazonで購入したFI●INEのマイクに比べて、音質が圧倒的に良いと感じています。

特に音質の良さを実感できるのが、イヤホンで聞いた時。聴き比べをしないと、実感しづらいのですが、以前FI●INEで収録した音声では、声の背後にうっすらと「シャー(ザー)」という空気の音(ホワイトノイズ)、様々な環境音が入ってしまうことが多くありました。

一方、スノーボールで収録した音声では、ほとんどノイズが気にならなくなり、サクサクと動画の編集が進められるようになりました。実際、音声データの波形でも、下の方の小さな波が減っていることが確認できました。

そのため以前のように、編集時にノイズが気になって撮り直す回数が少なくなったり、撮り直す場合も、以前より気が楽になりました。なので、マイクを変えた一番の収穫は、編集の手間と、(ノイズがなるべく入らないようにするための)収録時の精神的な負担が軽減されたことです。

特に疲れている時や忙しい時の動画収録って、どうしても言い間違えなどで何度も撮り直しことがありますが、さらにそこにノイズが入ってしまうと、それだけで編集の手間が増え、音声だけ再収録が必要ともなると、「げっそり」という感じでした。

この記事では、そんな音声収録時のストレスを軽減し、日々の動画配信ライフをより楽しく、手軽にしてくれるBlue社のマイク SnowballスノーボールとYetiイエティについて、おすすめの理由や使い方をお伝えします。

これから本格的にYouTubeでの配信を目指す方や、動画コンテンツを自宅で収録したいという方はぜひ参考にしていただけたらと思います。

そもそもBlue Microphones ブルーマイクロフォンとは?

Blue Microphones ブルーマイクロフォン

引用:Blue HP Top https://www.bluedesigns.com/

Blue Microphones ブルーマイクロフォンは、アメリカ カリフォルニア州に本社を置き、誰もが気軽に使えるUSB接続式のYetiイエティ、Snowballスノーボールシリーズだけでなく、プロのアーティスト向けマイクやヘッドフォンなども製造・販売する世界で人気のマイクブランドです。

参考 Blue トップBlue/Blue Microphones

Yetiイエティとは?

Blue Yeti

引用:https://www.bluedesigns.com/products/yeti/

Yetiイエティは、スノーボールと並び、世界で人気のブルーブランドのUSB/iOS用マイクシリーズの1つで、その大きさや丸っこい見た目がまるで雪男に似ているためイエティという名前がついたのだと思われます。

Snowball スノーボールとの大きな違いは、ヘッドフォンジャックとヘッドフォンの音量調整・ミュート機能・マイクの感度を調整するマイクゲインの調整機能がついている点と、マイク本体の見た目・デザインです。Snowballよりも本格的な音声収録が可能な機能が、マイク本体にスマートに収まっています。イエティシリーズとして、それぞれ大きさや形状、カラーバリエーション、機能数などが異なるイエティ、イエティX、イエティNANO、イエティキャスター、イエティPROの5種類が展開されています。

Snowball スノーボールとは?

Blue Snowball

引用:https://www.bluedesigns.com/products/snowball/

Snowball スノーボールも、Yetiイエティと並び、世界で人気のブルーブランドのUSB/iOS用マイクシリーズのうちの1つで、その見た目が雪の玉(雪だるま?)のようなので、スノーボールと名付けられたと思われます。

Yetiとの大きな違いは、まずその見た目ですね。いかにもマイク!といったデザインではなく、丸い形状にBlueのロゴ、艶やかなカラーが愛らしくもかっこいい風貌です。Yetiのところでお伝えした通り、Snowballはマイク本体にヘッドフォンの音量調整やミュート機能、マイクの感度調整機能はついていません。その分、シンプルで斬新なデザインが実現されているようです。現在、スノーボールシリーズとしては、スノーボールと、スノーボールICEの2種類が展開されています。スノーボールは、指向性モードの切替が3種類、スノーボールICEは2種類になっています。

本記事ではシリーズごとの種類別の違いまでは取り上げませんが、それぞれのシリーズでメインとなる「イエティ」と「スノーボール」について特徴などを紹介したいと思います。この2種類のマイクの概要がわかることで、BlueのUSBマイクシリーズの他の種類のマイクを検討する際にも参考していただけるのではと思います。

動画配信を始める人にYetiイエティ・Snowballスノーボールをおすすめする3つのポイント

以下では、具体的なおすすめの3つのポイント・特徴を紹介したいと思います。

おすすめポイント1- USB接続ですぐ使える。追加の変換器やギアなどが不要

Yeti イエティSnowballスノーボールも、まず挙げたい1番の魅力は、届いたらすぐにUSB接続だけで使用できる点です。もちろん、Windows(Windows 7、8.1、または10)でも、Mac(macOS 10.10以降)でも利用できます。

一般的にUSB接続でないプロ向けのマイクでは、様々な調整や設定が可能な分、追加の変換器やプラグなどが必要となります。またそれらのプラグやギアの品質が悪かったり相性が悪いと、それらを経由する事で音声の質が格段に落ちてしまいます。また様々な形状のプラグの中から収録機材にマッチしたものを探すのも、初心者にとっては一苦労です。コスト面でも痛い出費になってしまいます。

YetiイエティやSnowbaallスノーボールのようなUSB接続タイプのマイクなら、これらの手間やコストをかけずにスムーズに収録をスタートできるので、コンテンツ自体の企画や、見た人を楽しませる作業に、より多くの時間とパワーを割くことができるようになります。

おすすめポイント2 – 単一指向性モードで、余計な雑音を拾わずに綺麗な音声が取れる

マイクに「指向性」があることを、ご存知でしょうか?

私は動画学習サービスの講師サポートの仕事をするまで、全く知りませんでした。普通に生活していたら、「志向性」や「嗜好性」は時々使ったり聞いたりしますが、「マイクの指向性」はあまり聞かない用語ですよね。

マイクの指向性には、様々な種類がありますが、残念ながらこの記事ですべて取り上げられるほどのプロの知識を持ち合わせていないため、今回はYetiイエティとSnowballスノーボールの紹介に必要な、一部のみを簡単にご紹介します。時間がない人や、他のメリットが早く知りたいという人は、「単一指向性」だけ押さえておけばOK!です。

単一指向性とは

単一指向性とは、その名の通り、「単一」、つまり1つの方向から集中して音を拾う指向性のことです。Yetiイエティ、Snowballスノーボールでは、ハートのアイコンの「CARDIOID MODE(カーディオイドモード)」が該当します。

CARDIOID MODE(カーディオイドモード)は、マイクの前面にある単一方向からの音源を録音するので、1人での音声・ナレーション、ソロ楽器などの録音では、このモードで収録します。

引用:https://www.bluedesigns.com/products/yeti/

なお、注意点が1つあります。

音を拾うマイクの方向は、マイクの上部ではなく、正面に垂直な側面です。

文章だけだと分かりづらいのですが、公式サイトの以下のイラストがわかりやすいです。

左側が正しい角度で、右側は間違いです。

引用:https://www.bluedesigns.com/products/yeti/

自宅で動画を収録する際は、基本的にこのカーディオイドモードで使用するのがベストです。とりあえず、「単一指向性のCARDIOID MODE(カーディオイドモード)」「ハートのアイコン」だけ覚えておけば問題ないでしょう。

全指向性(無指向性)とは

特定の方向からではなく、マイク周辺の音を均等に拾う指向性です。

Yeti イエティでは丸いアイコンで表示されている「OMNIDIRECTIONAL MODE(オムニダイレクショナルモード)」、Snowball スノーボールでは「OMNI(オムニ)」が該当します。

引用:https://www.bluedesigns.com/products/yeti/

ライブ感を演出したいバンド演奏や、複数人での電話会議など、そこにいる臨場感を録音したい時におすすめのモードです。1人で録音する時にこのモードにすると、音声だけでなく、環境ノイズ(外を通る車の音やパソコンのタイプ音など)を拾いやすくなります。

双指向性とは

マイクの前面と背面の両方からの音を拾う志向性です。向き合った2者間のインタビューなどを録音するのに向いています。Yetiの”8”のようなアイコンの「BIDIRECTIONAL(バイダイレクショナル)」が該当します。

引用:https://www.bluedesigns.com/products/yeti/

そのほかのモード

Yetiのステレオモード

Yetiには左右の両方のチャンネルを使用して、広くリアルなサウンドイメージを録音できるステレオモードがあります。アコースティックギターの演奏や、今流行りのASMRビデオなど、「没入感」のある録音向きのモード。

引用:https://www.bluedesigns.com/products/yeti/

Snowballのカーディオイド ウィズ -10デシベルパッドモード

Snowballには、あえてマイクの感度を低下させるカーディオイド ウィズ -10デシベルパッドモードがあります。音量の大きい楽器やボーカルの録音でも、クリアで歪みの少ない音声を録音することができるのだそう。

おすすめポイント3 – それなりの機能と音質なのに、本格的なマイク機材に比べてリーズナブル

2019年10月現在、Yeti イエティなら1万6千円ほどSnowball スノーボールなら1万円ちょっとで手に入ります(Amazon)。なおアメリカ国内への発送なら、公式サイトから定価で購入可能です。

もちろん「安い!」とは言い切れませんが、複雑な設定や専門知識が不要で、動画収録に慣れていない人でも、それなりの音質を手軽に録音できるマイクの価格としては、適切な価格なのではと個人的に思います。

おすすめポイントα – 動画収録だけでなく、オンラインサロンやSkypeやZoomミーティングでも使える

最近は、直接会ってのミーティングやセミナーだけでなく、オンライン上でやりとりすることも増えてきました。YetiもSnowballも、オンラインでのコミュニケーションでももちろん、クリアな音声でやりとりできます。

オンラインでのやりとりでは、音声の聞き取りづらさや、ノイズは、想定している以上にストレスになります。マイクの品質が悪いことで、相手に知らず知らずのうちにストレスを与えてしまっていることがあるかもしれません(実際に私がそうでした…(**))。

オンラインミーティングなどの機会が多い人や、今後オンラインでのやりとりが増える可能性のある人は、さらに出番が増えそうです。YetiイエティやSnowballスノーボールを使って、ついでにストレスフリーなコミュニケーションも実現しちゃいましょう。

Yeti イエティ、Snowball スノーボールの残念なところ

あくまでもUSB接続であること

USB接続式なので、スマートフォンやUSB差込口がないビデオカメラに直接繋いで使用することができません。プラグをつけることでつなぐことが可能ですが、マイクと収録機材の間に、プラグなどを挟めば挟むほど音質が悪くなっていくので、やはりYeti、Snowballを使うなら、USBでできるだけ直につなぐことができ収録機材を使用するのが良さそうです。

*私はUSBポートがついていないタイプのMacBookProで、以下のプラグを使用したマイクの使用は、ノイズについても問題なく使用できているので、つなぐ機材との相性にもよっても変わってくるかもしれません

Rampow USB Type C to USB 3.0 変換アダプタ 2個セット¥899

あくまでも自宅での収録向きであること

自宅での収録を想定して作られているため、屋外などでの使用には向いているとは言えません。屋外で使用する場合は、別途専用のマイクを検討するのがベストと言えそうです。

結構大きい&重い

Yeti イエティは雪男の名前の通り、Snowball スノーボールは思いのほか、結構大きく重いです。重さは、Snowballは約500g、Yetiはスタンドと合わせて約1.5kg。基本的に自宅で収録する用のマイクなので、外に持ち運ぶことはあまりないと思いますが、持ち歩くには不便かもしれません。その分しっかりした作りになっていると言えそうです。

使い方

Yeti イエティの使い方

手順1
USB接続
パソコンに、USBでYetiイエティを接続します
手順2
マイク設定をYetiに変更
パソコンの収録アプリ(ソフト)を起動し、音声入力のデバイス設定をYetiにします
(一部のWindowsパソコンでは、PC自体の環境設定から音声入力のデバイスでYetiの選択も必要な場合有)
手順3
モードを設定
マイク裏面のモード切替で、4つのアイコンからハートのアイコン「カーディオイド(CARDIOID MODE)モード」に設定します
(+ 音声を聞きながら収録する人は、マイクにイヤホンを接続し、イヤホンボリュームを調整します)
手順4
ゲインコントロールの調整
マイク裏側のゲインコントロール(感度)を調整します。
最初は時計の針でいう10:00-12:00の間くらいから試すのがおすすめです。
手順5
収録開始
まずはテスト収録をして音声を確認し、必要に応じてマイク裏側のゲインコントロールで感度を調整します。環境ノイズを拾いにくく自分の声がクリアに収録できるように調整できたら、本編を収録していきましょう。

Snowball スノーボールの使い方

手順1
USB接続
パソコンに、USBでSnowball スノーボールを接続します
手順2
マイク設定をSnowballに変更
パソコンの収録アプリ(ソフト)を起動し、音声入力のデバイス設定をSnowballにします
(一部のWindowsパソコンでは、PC自体の環境設定から音声入力のデバイスでSnowballの選択も必要な場合有)
手順3
モード設定の確認
マイク裏面の1、2、3のモード切替スイッチで、1「カーディオイド(CARDIOID)」に設定されていることを確認します
手順4
収録
収録して音声を確認します

まとめ

いかがでしたでしょうか。自宅での動画収録・音声録音で、余計なノイズを拾いにくく、綺麗な音声を手軽に取ることができるYetiイエティとSnowballスノーボールで、今まで以上に快適な動画ライフを送りましょう♪

マイクについてもっと本格的に知りたい!という方は、以下のような講座で学んでみるのもおすすめ

参考 【2日でわかる】宅録マイクの選び方~初心者でもわかるマイクの種類から録音の基本~Udemy

収録が終わった後、さらにドラッグ&ドロップでノイズ除去ができる動画編集ソフトを探している方は、こちらの記事も読んでみて

【初心者が選ぶ】無料で使える動画編集フリーソフト5選 – 安くて簡単に使えるのは?   非公開: 【2019最新版】初心者にオススメの動画編集ソフト3選 – 初心者を代表して調べてみたよ【動く編集イメージ付】
この記事のURLとタイトルをコピーする
* 本記事に記載の内容は、あくまでも本ブログ運営者の記事執筆・公開時点での個人的な体験、感想に基づくものです。実際の内容は、必ずご自身でご確認ください。万が一、本サイトに記載の内容や、紹介するサービスや商品などの購入等によりトラブルや損害等が発生した場合でも、本ブログおよびブログ運営者は一切責任を負いません。あらかじめご了承ください。