MENU

持続化給付金を無事に受け取ったのでフリーランスの場合の申請手続きのポイントをシェアします

今回は、フリーランスも対象となっている持続化給付金を遂に受け取ったので、申請手続きのポイントをシェアします。

なお、手順自体は、必ず持続化給付金公式申請サイトを確認し記載の通りに行うようにしてください。本記事では、Q&A方式で「私の場合はこうしました」という個人的経験をシェアしたいと思います。本記事は手順を網羅的に解説するものではなく、全ての方が同じ条件とは限らないため、また申請要件や手順は変更されていく可能性もあるので、あくまでも1つの参考にしていただけたらと思います。

参考 持続化給付金持続化給付金

フリーランスは申請できるの?

できます。2019年以前から収入を得ている青色申告または白色申告をしている人が対象です。

青色申告者の場合は、2019年と2020年の月ごとの収入(所得ではありません)を比較した時に、2020年で50%以上減った月があることが条件。白色申告者の場合は、2019年の年間収入を12で割った平均月間収入より50%以上減った月があることが条件。
参考 対象者要件持続化給付金

例:青色申告者で以下のような収入状況だった場合、対象月として3月を選ぶ

月間収入2019年2020年
1月80万円60万円
2月50万円30万円
3月30万円10万円
=> 30万円より50%以上減少
4月20万円15万円

例:白色申告者で以下のような収入状況だった場合、対象月として4月を選ぶ

2019年の年間収入 300万円:2019年の平均月間収入 300/12 = 25万円

月間収入2020年
1月50万円
2月30万円
3月40万円
4月10万円
=>25万円より50%以上減少

らむね

白色申告の場合、算出に使う数字は2019年の年間収入2020年の対象月の月間収入。2019年の月間収入ではない点に気をつけましょう。

いくらもらえるの?

申請手続きの画面で必要情報を入力すると、申請完了前に自動的に計算されて給付額が画面に表示されるので、とりあえず入力してみるのがオススメですが、申請画面を開いて入力する前に算出したい人は、以下の計算でシンプルに算出できます。

なお公式で用意されている給付額算定シュミレーションのエクセルファイルを使って算出してみることもできます。

青色申告者の場合

2019年の年間収入から、2020年の対象月の収入額を12倍した金額を引いた差額が100万円を上限として支払われます。

2019年の年間収入 300万円、2020年の対象月(2019年同月に比べて収入が50%以上減少した月)の収入額が10万円の場合
300万円 ー(10万円 × 12)= 300万円 ー 120万円 = 180万円
=> 上限は100万円なので、100万円が給付される
参考 持続化給付金申請ガイドPDF 10ページを参照

白色申告者の場合

2019年の年間収入から、2020年の対象月の収入額を12倍した金額を引いた差額が100万円を上限として支払われます。

2019年の年間収入 300万円、2019年の平均月間収入 300/12 = 25万円、2020年の対象月(2019年平均月間収入に比べて収入が50%以上減少した月)の収入額が10万円の場合
300万円 ー(10万円 × 12)= 300万円 ー 120万円 = 180万円
=> 上限は100万円なので、100万円が給付される
参考 持続化給付金申請ガイドPDF 11ページを参照

どうやって申請するの?

持続化給付金公式サイトの下部に表示されているオレンジ色の「申請する」ボタンから申請します。メールアドレスで仮登録し、届いたメールをチェックしてリンクから本登録を行い必要な情報を入力。オンラインでの申請ですが、マイナンバーカードは不要です。書類が揃っていれば、10-15分くらいあれば申請手続きが完了します。私の場合書類を揃えながら入力しましたが、それでも30分程で完了しました。

必要なものは?

  • 2019年度の確定申告書類の控え(受領印があるもの *e-taxの場合は「受付番号」と「受付日時」が記載された送信完了メールのキャプチャなどが追加で必要)
  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カード等)
  • 振込先確認用の通帳の表面と開いた1・2ページ目のコピー(オンライン通帳の場合はキャプチャでOK)
  • 2020年の対象月売上台帳

らむね

通帳のコピーは、あくまで振込先を確認するためのようです。私はなんとなくゆうちょ銀行にしておきました


対象月って?
  • 青色申告者の場合、2019年同月に比べて収入が50%以上減少した2020年の月(例:2020年3月)
  • 白色申告者の場合、2019年平均月間収入に比べて収入が50%以上減少した2020年の月(例:2020年4月)


売上台帳って?
売上だけが記載された台帳のこと。書式に指定はないようです。一般的な書式の例は、インターネットを検索するとたくさん出てくるので、自分のビジネスに合う書式を選びましょう。売上0の場合でも、個人的には、一応0の売上台帳を作って添付した方が審査の時スムーズのような気がします。(実際のところは分かりません。。)

売上台帳のサンプル (私の場合)

普段、freeeでオンライン帳簿をつけているのですが、売上台帳はつけていないので、申請のためにGoogle スプレッドシートで作成し、A4サイズのPDFに書き出して添付しました。書式に絶対的な決まりはないようですが、日付、取引先名、金額は記載されていた方が良いようです。

必要な書類等は、持続化給付金公式サイトに整理されているので、チェック!

いつまでに申請しないといけないの?

申請期間は約1年間くらいあって、2021年3月15日まで。なのでまだまだスケジュールには余裕があります。期間中、1回のみ申請可能です。申請期間終了間際は、申請が立て込む可能性もあるので、条件に当てはまる月が出てきたタイミングで早めに申請するのが良いと思います。

参考 持続化給付金スケジュール

どのくらいで給付が振り込まれる?

公式サイトの給付金受取方法に、2週間程度と記載されている通り、私の場合は5/3頃に申請して5/18に「持続化給付金の振り込みのお知らせ」のはがきが郵送で届き、5/19に入金を確認しました。なおお知らせのハガキに「振込みは順次行っております。振込口座をご確認ください」と記載があるので、実際に振り込みされるのはハガキが届く前後に順次となるようです。

とりあえずまとめ

想像していたよりも申請方法、申請に必要な書類、条件はシンプルで、申請時間も早ければ15から30分程度で完了するので、必要なタイミングで申請しましょう。

また「対象になるかどうかよく分からないので不安」という方は、申請画面(1ページの入力フォーム)に必要情報を入力していくと、途中で給付額が自動計算される項目があるので(入力完了の送信ボタンを押さなければ、送信されません)、そこに表示される給付額が0円でない場合は給付の可能性があります。時間に余裕のある時にまずは試してみるのがオススメです。

この記事のURLとタイトルをコピーする
* 本記事に記載の内容は、あくまでも本ブログ運営者の記事執筆・公開時点での個人的な体験、感想に基づくものです。実際の内容は、必ずご自身でご確認ください。万が一、本サイトに記載の内容や、紹介するサービスや商品などの購入等によりトラブルや損害等が発生した場合でも、本ブログおよびブログ運営者は一切責任を負いません。あらかじめご了承ください。
Twitter
SHARE