フリーランス妻が「配偶者特別控除」で夫の扶養に入る方法:経費に青色申告特別控除65万円を含めてOK?

みなさんこんにちは。今日は、意外と知らない人が多いかもしれない「フリーランス妻が税制上、夫の扶養に入る方法」をシェア。実は私も知らなかったので、損してました。もしかしたら、入れるかも?という人はチェックしてみてください。

なお本記事では、妻=フリーランス、夫=会社員の前提で書いていますが、主夫の方で妻が会社員の場合にも当てはまるので置き換えてチェックしてみてください。

フリーランス妻が「配偶者特別控除」で夫の扶養に入る方法とは

フリーランス妻が税制上、夫の扶養に入る方法はいたって簡単です。夫の年末調整で、妻を扶養控除に入れたい旨を伝え、「配偶者特別控除」の申請用紙に、妻(配偶者)の「年収」と「経費」の見積額を記入して提出するだけです。ただそこでうっかりしやすい大事なポイントがあります!!

収支の見積額を出す便利ツール
収支の見積額を出すのに、フリーランスの会計ソフトfreeeがおすすめです。収支をポチポチ入力していくだけで、確定申告書類も自動で作成してくれます。月980円の1ヶ月単位プランもあるので、必要なタイミングだけ利用することもできます。



青色申告者のフリーランスなら経費に「青色申告特別控除」65万円を含めることが可能

フリーランス妻が夫の扶養に入るには、先ほどお伝えした通り、夫の年末調整時に「配偶者特別控除」の申請用紙に、妻(配偶者)の「年収」と「経費」の欄に、現時点での見積額を記入して提出します。

配偶者特別控除記入用紙(令和元年分)
配偶者特別控除記入用紙(令和2年分)は、国税庁の給与所得者の基礎控除、配偶者(特別)控除及び所得金額調整控除の申告から確認・ダウンロードできます。

青色申告者なら経費に「青色申告特別控除」65万円を含めることが可能

ポイントは、この記入用紙の「合計所得金額の見積額の計算表」の右側、「配偶者の合計所得金額(見積額)」の「必要経費等(b)」の欄に、青色申告者(大抵の場合、青色申告者だと思います)は、「青色申告特別控除」の65万円を含められるという点です。(ただし、社会保険料は含めることができないので注意してください。)

なので、「今年は年収上がっちゃったから厳しいかも?」「ざっと今年の収入と経費を計算したら、所得が123万円(令和元年の場合)を上回っているから、扶養には入れないか・・・」と、諦めかけている人は、もう一度計算してみることをオススメします。

例えば、妻の年収が288万円、経費が100万円だった場合、288-100=188万円の年間所得となり、一見すると夫の(税制上の)扶養控除に入れないように思えます。しかし、妻が青色申告を毎年行っている場合、「65万円」を経費にプラスすることができるので、この場合、年収288万円、経費等が100+65=165万円、年間所得は、288-165=123万円となり、令和元年で夫の扶養に入ることが可能な所得上限123万円以下の条件をクリアすることができます。(上記画像のようになります)

*「青色申告」は、3月までに前年の1月から12月までの収支について確定申告(税務署で青色申告手続き)することを指しています

では、扶養を受けるメリットや条件はなんでしょうか?

そもそも、フリーランス妻が夫の扶養に入ることができるの?

簡単にできるのは分かったけど、フリーランス妻の場合、そもそも夫の扶養に入れるのかどうか、その点が気になるところですよね。回答は、「はい。フリーランス妻は、夫の「税制上の扶養」に入れます。」です。

なお、年間所得が38万円以下の場合で一定の条件を満たす場合は「特別」がつかない「配偶者控除」を申請できますが、本記事を読んでくれている方の多くは、私と同じように「年間所得38万円を超えたフリーランスの場合でも扶養に入ることができるか?」という点が気になるところだと思いますので、そういった方を対象に書いていきたいと思います。

税制上の夫の扶養に入る条件は?

ポイントは、以下の2点。

  1. 夫の年収(交通費や通勤手当は年収に含めない)が1,000万円以下であること
  2. フリーランス妻の「所得」が、令和元年分なら123万円以下、令和2年分なら133万円以下であること

上記2点を満たすことで、「税制上の扶養」に入る、つまり扶養控除を受けることができます。

フリーランス妻が税制上の夫の扶養控除に入ると、どんなメリットがあるの?

フリーランスの妻が、夫の税制上の扶養に入り扶養控除を受けると、以下のメリットがあります

  1. 夫の今年の所得税が減る
  2. 夫の翌年の住民税が軽減される

フリーランス妻が、夫の扶養に入る(扶養控除を受ける)ことで、双方の収入額に応じて、夫の課税所得が軽減されたり、妻・家族の保険料が免除されます。「軽減・免除と言っても、そこまで大きな額ではないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、実は、その免除や軽減の額は、世帯でみると年間20〜30万円以上(夫婦2人の場合)と、家計にとって、そこそこの違いになってきます。

言い換えると、妻の「所得」が扶養に入れる「所得」なのに、夫の税制上の扶養に入らなかった場合と扶養に入った場合とでは、納めなければならない世帯全体の税金が、年間で20〜30万円以上高くなるということです。(つまり、実際に使えるお金が年間で20〜30万円以上少なくなります。

参考 配偶者特別控除国税庁

扶養といっても2種類ある

実は扶養控除には「税制上の扶養」と「社会保険上の扶養」の2種類があります。

  • 「税制上の扶養」は、扶養控除を受ける人(今回は夫)の所得税・住民税を軽減
  • 「社会保険上の扶養」は、健康保険・年金などに関するもの

社会保険上、夫の扶養に入るには

社会保険上の夫の扶養に入ると、収入のない完全な専業主婦(主夫)と同様に、配偶者の健康保険に加入することになり、フリーランス妻本人は社会保険料を払う必要がなくなります。税制上の扶養に入る条件は先ほどお伝えした通りですが、社会保険上の扶養に入る条件はあるのでしょうか。

社会保険上夫の扶養に入る条件

  1. 妻本人が会社の社会保険(健康保険、厚生年金保険)の加入義務者ではない
  2. 必要最小限の経費を差し引いた、年間の収入*1が130万円未満かつ連続する3か月の平均収入月額が108,334円未満
  3. 以下の条件に一つも該当しない
    1. 週の労働時間が20時間以上
    2. 1か月の賃金が88,000円以上(年106万円以上)
    3. 雇用期間の見込みが1年以上ある
    4. 学生ではない
    5. 従業員501人以上の会社に勤務または、従業員500人以下の会社に勤務し社会保険加入について労使合意がされている

*1 収入には交通費や通勤手当、家族手当・住宅手当などを含む、労務の対償として受け取る全額が含まれる
*2 収入はアルバイト収入以外にも事業収入や不動産収入、仕送りなども含まれる

上記のほか、加入する保険団体によって、加入条件や加入可否が変わってくるようですが、上記に当てはまる場合は、夫の社会保険上の扶養に入れる可能性があるため、年末調整の際に、担当の部署の方に相談してみると良いかもしれません。

収入が月約10万円以下の場合は、社会保険上の扶養に入ることができそうです。
社会保険上の扶養控除は無理だとしても、税制上の扶養には入れそうなので、年末調整の時にしっかり手続きしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。年末調整時の「配偶者」の「必要経費等」に、「青色申告特別控除」の65万円を含めることができるという事実をこれまで知らなかった私は、損をしていました。もし、知らなかった!というフリーランス妻(夫)の方や、フリーランスの配偶者がいる人は、あらためてチェックしてみることをおすすめします。

この記事のURLとタイトルをコピーする
* 本記事に記載の内容は、あくまでも本ブログ運営者の記事執筆・公開時点での個人的な体験、感想に基づくものです。実際の内容は、必ずご自身でご確認ください。万が一、本サイトに記載の内容や、紹介するサービスや商品などの購入等によりトラブルや損害等が発生した場合でも、本ブログおよびブログ運営者は一切責任を負いません。あらかじめご了承ください。