7ヶ月生理が来ないので婦人科で中容量ピルのプラノバール配合錠をもらって飲んでみた

7ヶ月生理が来ないので婦人科でプラノバール配合錠をもらって飲んでみた

今日は、「7ヶ月生理が来ないので婦人科でプラノバール配合錠をもらって飲んでみた」について書きたいと思います。

私の生理歴とピルとの出会い

私の生理歴とピルとの出会い

もともと生理不順で、時々2,3ヶ月来ないということもあったので、4ヶ月来なくても、まだ「そのうち来るだろう」と思ってそのままにしていました。

過去には、社会人になって少しした頃(24才くらいの時)あまりにも仕事のストレスが半端なかった時、生理不順になり、大人ニキビが多数できる一方で肌がカサついたり、これまでなかった「長いあごヒゲ(!?)」が生えて来たり、髪の毛が異様にパサつき、どんなトリートメントやスタイリング剤を使っても、髪が広がってパサつきがひどくヘアスタイルが決まらない・・・といった時期がありました。

元々美容意識がそこまで高い訳ではない方ですが、ある日、鏡をみて、客観的に「私ボロボロだ」と思い、ネットで原因と対処法を探していたところ、「低用量ピルで肌荒れが治った」というネット上の記事をみて、これまでピル=避妊薬と思っていた私は目から鱗の発見でした。「もしかしたらピルで諸々の問題が解決するかも?!」と思い立った私は、婦人科へ行くことに。

当時通っていた婦人科で、生理不順のことを伝え、低用量ピルを希望しました。その時に渡されたピルは「3週間飲んで1週間おやすみ、おやすみの時に生理がくる」というものでした。

初めてピルを飲んだ時の感想

初めて低用量ピルを飲んだ当時の感想

ピルを飲んだ初日。吐き気がひどく、まるで妊娠した時のような感じ?のような症状が出ました。結構辛くて、何をしていても胸焼けしているような状態。休みの日に飲み始めてよかったと思ったのを覚えています。仕事だったらかなり辛かったと思います。またとても喉が乾きました。身体が終始熱く、いつもよりも熱っぽく感じました。

2日目。初日よりは少し楽でしたが、熱っぽくのぼせる感じや、気持ちの悪さが続きました。ただ、体を動かせないほどではなかったので、運動はできないけど普通の日常生活を送りました。

3日目は、さらに副作用の症状が気になくなり、自分が熱っぽくのぼせるような感じに慣れてきました。

4日目以降は、ほとんど日常生活に支障はなかったと思います。ただ、とにかくとても喉が乾いてたくさん水分を取っていました。

ピルの効果は?

飲んで3週間ほどしてきた頃には、すっかり身体もピルに慣れていました。気持ちの悪さはほとんどなくなりました。むしろピルを飲み始める前までは、常に身体が芯から冷え切っていたような感じがしていたので、身体の内側から熱っぽさが感じられて、身体が少し楽になったようにも感じました。

また常にネガティブな気持ちに囚われていたのが取れ、なぜか前向きで穏やかな気持ちになってきました。これは人によるのかもしれませんが、生理前にイライラが強く出るタイプなので、ホルモンバランスがよくなった事による効果が感じられたのかもしれません。

そして1番気になっていた肌荒れですが、ニキビは全て綺麗に消え、乾燥気味だった肌は潤いを取り戻すなど、劇的に改善されました。また顔全体の血色がよくなり、肌の色が明るくなりました。また、問題の「あごヒゲ(笑)」は全部はなくなりませんでしたが、伸びるスピードが遅くなり、気にならない程度になりました。

あごひげや全身の毛対策にオススメ
あごひげは、ブラウンのセルフ光脱毛器で、ほぼ生えてこなくなりました。脱毛サロンに20万円くらい出して2年くらい通ってたこともあったけど、これを買ってからは自分でできるし、顔にも全身にも使えるのでコスパ良し。サロンでは正直恥ずかしかったVIOも、自分でできるのでおすすめ(ちょっとやりづらいけど・・・)

髪のパサつきは、すぐには改善しませんでしたが、その後半年たったくらいに、美容師さんに「ここからここの部分だけ、とてもパサついて傷んでいます。」と、ピルを飲む前までに生えたであろう髪の部分について、教えてもらいました。ストレスが強かったり、栄養が届かない時期に生えた髪は、そのまま伸びていって後から見ても分かるのだそうです。その時、そこの部分をカットして、新しくストレスがない環境で生えてきた髪だけが残った状態にしてもらい、解決しました。

ピルのデメリット

低用量ピルのデメリット

こんなに効き目を発揮し、私がその時抱えていた様々な美容トラブルを一気に解決してくれたピルですが、1つだけ、デメリットがありました。それは「太った」こと。私の場合ですが、これまでと同じ生活を送っているつもりでしたが、飲み始めて3ヶ月くらいで3キロくらい太りました。確かにピルを飲みだしてから、なんとなく体全体が浮腫んでいるような感じはありました。特に私の場合、秋から春の寒い時期にかけて飲んでいたのですが、冬に脚を出してスカートを履いて下半身を冷やしてしまったのもよくなかったのかもしれません。

元々脚が太めな体型だったので、余計だったのだと思います。もともとやせ気味の方は、そこまでに気にならないと思いますが、ピルを飲んでいる時には身体を冷やさず、浮腫みをできるだけ抑えられるように気をつけるのをお勧めします。

そして7ヶ月生理が来ない問題について

7ヶ月生理が来ない問題について

半年以上生理が来ない間に、1つ年をとり35才になりました。

以前、婦人科の先生に「過去にピルを飲んでいた人は、ピルをやめると生理が遅れたり不順になりやすい」と言われていたので、これまでも3,4ヶ月生理が遅れることはよくあったし、大丈夫だろうと思っていました。また、正直「生理は、ないならないほうがラク」という気持ちも少々ありました。

しかし、半年経っても来ず、そろそろ心配になってきたなと思っていたところ、現在結婚して2年経ったということもあり、夫の母や自分の母親から「子供を作ったら?」など、子供を期待されることを言われるようになりました。確かに、子供を作るならそろそろ最後のチャンスが近づいている年齢でもあるし、どうしようかなと思っていました。

そして、夫と話し合いながら、「子供産もうかな?」という話になった時、そもそも生理が来ていないことへの心配が大きくなり、ようやく重い腰をあげて婦人科に行くことに。正直婦人科って、行かなくていいならできれば行きたくないですね。まあ病院はそういうものですが。

でも今回は、ちょっと大きな問題に繋がるかもしれないこともあり病院をすぐに予約。

実績のある女性ドクターを受診

以前婦人科選びに何度か失敗していたので、きちんとした先生に見てもらおうと思い探しました。

参考 不妊治療と仕事を両立するなら女医の恵比寿ウィメンズクリニック恵比寿ウィメンズクリニック

綺麗で見やすいホームページや、最新の機器・設備、ウェブ予約システム、看護師・受付の方のテキパキさ、何より実績のある綺麗で信頼できそうな女性ドクターに安心感を感じ、こちらを受診しました。行ってみて、ホームページのイメージと大きなギャップがなく、先生も信頼できそうな先生でした。

診察時、「通常は3、4ヶ月生理が来なかったら、婦人科で、診てもらった方が良いですよ」と言われました。というのも、あまり生理が来ない期間が長引くと、子宮・卵巣が小さくなり妊娠しづらくなってしまうのだそうです。

中容量ピル プラノバール配合錠10日分を飲む

中容量ピル プラノバール配合錠10日分を飲む

そして、今回強制的に生理を来させて、排卵を促すため、中容量ピル プラノバール配合錠を10日間分処方されました。以前(といっても10年以上も前ですが)低用量ピルを飲んだ時にひどい気持ち悪さに襲われたこともあり、また今回は中容量ということで、とても不安が大きかったのですが、先生に言われた通りに飲むことに。

気合い十分で飲んだのですが、これが全く大丈夫。初日だけ、飲んで3時間後に少し眠気があり1時間ほど昼寝をしましたが、それ以外には特に何も起こりませんでした。元々胃腸が弱い体質なので、食事の後に飲むようにし、また胃薬を一緒に飲んでおいたのもよかったかもしれません。

10日間、しっかり飲み終わった後、4,5日で生理が来ますと言われていましたが、私の場合は6日後にようやく来ました。生理は重くなるかなと思っていましたが、通常時と変わらない量や痛みでした。そして次回、排卵があるかどうかをチェックしてもらう予定です。

ということで、生理が来ない方は、早めに病院に行き、処方されたピルをしっかり飲んで、早く良い状態にしちゃいましょう!妊娠するかどうかはまた別としても、病気にならない為にも早めに対処しましょう!

らむね

この記事が同じことで悩んでいる誰かの助けになれば嬉しいです。
この記事のURLとタイトルをコピーする
* 本記事に記載の内容は、あくまでも本ブログ運営者の記事執筆・公開時点での個人的な体験、感想に基づくものです。実際の内容は、必ずご自身でご確認ください。万が一、本サイトに記載の内容や、紹介するサービスや商品などの購入等によりトラブルや損害等が発生した場合でも、本ブログおよびブログ運営者は一切責任を負いません。あらかじめご了承ください。